強い刺激のオナニーが中折れの誘因になる

男性はペニスを掌で握って自慰行為をする人が多いと思います。
そして、より強い刺激を与えるために、力を入れてしまう人も少なくないと思います。

 

自慰中の握力は平均して約4キロと言われていますが、
セックス中に中折れしてしまう人に中は、10キロ以上になっている人が多いそうです。

 

床オナニーは良くない

床オナニーとは、床や布団にうつ伏せになりペニスを擦る自慰の事です。

 

体重が加わるので快感はとても大きいですが、ペニスへの負荷も非常に大きいです。
おそらく、もはや10キロを大幅に上回っているはずです。

 

ですが、女性の膣圧は4キロ程度しかありません。
ですから、10キロやそれ以上の圧力に慣れてしまっていると、
ペニスを挿入しても刺激が少なく、中折れしやすくなってしまいます。

 

メンタル的な興奮は得られても、身体面の刺激が物足りないせいですね。

 

コンドームやオナホールを用いる

オナホールはあまり見かけないかもしれませんが、通販等では簡単に買えます。
圧力の低いオナホールを使えば、圧力の小さい自慰が簡単に行えます。

 

また、コンドームの中にローションを入れて、
ペニスに被せて自慰を行うと、膣の中に似た感触を楽しむ事も可能です。

 

ちなみに、この方法の事を「マスコンドーム法」と呼び、
医学的にも効き目がある事が認められています。

 

自慰が誘因の中折れを改善するには時間がいる

これらの手段で中折れを治すには、時間が掛かります。
ペニスが強い刺激に慣れていると、低い刺激の自慰にはなかなか戻れないからです。
普通のセックスで中折れしないようになるまでには努力が必須です。
デリケートゾーン におい 石鹸