中折れ 原因 対策

勃起不全とは

勃起不全とは

男性器が硬直し、長さと太さが増すという勃起状態を
実現できないことが、勃起不全とされます。
実はその他に、以下のようなケースも勃起不全とされます。
勃起する日としたくてもできない日がある、
男性器が性行為の最中に萎えてしまう、
硬直せず長さと太さが増すだけ、
時間をかけないと勃起状態に達しない、などです。

 

 

医学の見地からの勃起不全とは

勃起はするものの、射精まで勃起状態を保つことができない、
または満足のいく勃起状態に、性行為中であっても達することができない、
やはり医学の見地からでも、このような様子が勃起不全とされます。

 

勃起は、男性器の海綿体と呼ばれるいわゆるスポンジのようなものが
血液で広がり満たされた結果、勃起状態となるのですが、
きっかけとなるものは、例をあげるならば、やはり脳で感じたエロティックな
信号が男性器へ運ばれることで起こります。

 

そのたくさんの血液が男性器に流れ込まない状態になってしまうことが
勃起不全なのであり、そうなるにはその流れを止める問題が
体のどこかで起こっているからです。

 

 

日本での勃起不全で悩む人の状況

1000万人以上の日本人が勃起不全と言われています。
高齢化と勃起不全に悩む人のパーセンテージはやはり比例しており、
一番高い割合の60%は60代、そして50代が40%、40代は20%の人々が
勃起不全をどうにかしたいと考えています。
しかし勃起不全の要因は4つあり、年齢だけではありません。

 

 

1.体の不調からくる勃起不全
実は勃起不全が、体の不調を教えてくれる場合もあります。
勃起不全で悩む方は一度、腎臓病、糖尿病、高血圧を疑ってみてください。
逆にこの病気を抱えている人は勃起不全になりやすいと言えます。
あとは、高齢化にともなって男性ホルモンが減少する要因も
この項目に入ります。

 

2.心理的なものからくる勃起不全
一度は心当たりがあるかもしれませんが、心配事などの心的なものからくる
要因で、勃起不全となることがあります。疲れ、ストレス、焦りなど、
心が穏やかでない状態の時です。

 

3.心と体の両方の要因からくる勃起不全
上記の要因がふたつ合わさった際は、やはり勃起不全が起こります。

 

4.その他
他には、服用している薬がある時はそれの副作用、
精神安定剤の摂取でも起こります。

 

 

勃起不全は治ります。深刻な場合は、泌尿器科や、
勃起不全治療専門のクリニックなど病院で相談し、治療を考えてみましょう。